小さな中国のお針子

最初はもっと歴史というか政治の色の強い作品かと思っていました。
確かにそういう一面がすべてにおいてベースになっているのですが
それ以上に一人の少女にとっての文化・教養というものが
与える影響の大きさを描いているように思いました。
再教育のためにやってきた都会の2人の青年によってもたらされる文化・と教養
その中で少女が最も影響を受けた言葉・決心

単なる青春ロマンスとしている人もあるが、それだけで済ませられない映画だと思います
昨今のアメリカ映画などに象徴されるようなCGや派手な演出のようなものは全く無い代わりに
人間の力では表現できない大自然が作品の中で前面に映し出されています
見たことが無い人、まだ見ていない人、違った映画を見たい人。
一度見てください、見終わった後の感覚を味わってください